IMG_2629
 
ひざを折って目線を合わせ、小さなお友達に「こんにちは」と挨拶する。

今日私は4歳児になろう、そう決めた。
 

ブライダルのプロが結集して一つの結婚式を創る、~夢婚~。

プロの真剣と真剣が積み重なっていくさまは、ぞくぞくするほどだ。

けれど、これは、未来の大人たちに「結婚式っていいな!」と思ってもらうためのでもある。

・・・フウヤ君にはどのように映るのだろう。

未来の大人の一人であり、この “夢“ を一番身近な立場で見る彼に、今日を本当に楽しんでほしい。

私は今日、フウヤ君の友達になろう。

そして、主役の両親である新郎新婦に代わる、すべてをする代理人として、フウヤ君の目線から見る “夢婚” を精一杯サポートしよう、と思った。

 
 
介添人、の仕事とは。

普段は新郎新婦のそばでいろんなお世話を・・・などという言葉が使われるが、時には “なんでもあり” だったりする。

いや、何でもしなければいけない、と思っている。

今日はブライダルのプロが集結している。

特に新郎新婦には、多くのスタッフが配置されている。

本来の結婚式とは人数も動きもすべて違う場・・・

だから私は、今日ここで出来ることを会場入りしてから探す、そのつもりで来た。

何でも出来ることをする、出来ることを探す。

スタッフ間やその隙間を埋めるような存在が、居てもいい。
 

ママ(新婦)が支度中、私とフウヤ君はずっと一緒だった。

警備員さんに敬礼してふざけたり、かくれんぼしたり。

服を着替えさせ、おしっこに連れて行き、移動の時にはずっと手をつないで。

 

フウヤ君が安心して過ごすことは、両親である新郎新婦の安心につながる。

こんなサポートのしかたも、介添えの仕事だと思っている。

 

最後まで元気に過ごしてくれた。

でもこの暑さの中だ。大丈夫だったかな・・・

 

いつか、この日を思い出したとき、「楽しかった!」という思い出とともに「結婚式っていいな!」と思ってくれたら。

夢婚のスタッフの一人にしていただいた感謝とともに、心からそう願っている。