IMG_4694
 
スタッフが配置についた。

ライブ配信も始まった。
 

大音量の音楽とまぶしいくらいの照明の中、司会・進行役として私は話はじめる。

シナリオも、会場とのリハーサルもほとんどないまま。

だが、イメージ通りの色とりどりの照明が輝く中、気持ちよく言葉が滑り出した。
 

本日、写真・Movie撮影、なんでもOK.

岡山でこんなに面白い事しているんだ、岡山はすごいんだと世界に発信しましょう!

皆さんの拍手のなか、第一部が始まる。
 
 

~第一部~

歴史と芸術を堪能いただく
 
・ミニ太夫道中

・かしの式

・舞
 

かむろを先頭に、六段のしらべの中、葵太夫の道中が静かに始まった。

・・・始まって数秒なのに、会場中は水を打ったような静けさ。

全員が引き込まれる。

無機質なスタジオが、千年の都になったかのような錯覚におちいった。
 

かしの式は、太夫とお客様が初めて会う時の儀式。
直接お顔を見るのは失礼、と、杯の御酒にうつしてお相手を見たのだそうだ。
 

IMG_4705
 

葵太夫「いにしえ」。
太夫から太夫へと受け継がれる、島原の舞。
 
IMG_5216
 

司太夫「萩桔梗~秋の夜」。

秋らしい演目と、そんな夜長を過ごす女心を表す舞。
 
IMG_4715
 

約20分の間、客席からは咳ひとつ、物音ひとつなかった。

吸い込まれるかのように見入っていらっしゃった。

・・・私も、幽玄の美にノックアウト状態で、入退場のドアを開閉するのを何度か忘れたほど。
 

柔らかな迫力、というか、歴史の重さか。

そこにいるお客様全員が、きっと私と同じように思ったのではないだろうか。
 

400年の文化・しきたりを踏襲する、圧倒的な気高さをまさに今、感じた瞬間だった。

 

・・・つづく。

 
 

~『本物の“太夫”と過ごす夕べ』~LIVE配信 をご覧になるには・・・

1.スマホアプリ【FRESH!】をダウンロード(無料)

2.検索欄に「本物の太夫と過ごす夕べ」と入力

3.「【葵太夫】本物の太夫と過ごす夕べ【舞う】わのみんTV特別篇」をクリック

4.3分15秒後にスタートします!