IMG_5208
 
第一部の「これぞ京都だ!」に圧倒された岡山の皆さん約60名・・・。

退場する太夫への拍手も忘れ、しばし沈黙。
 

中入りの音楽が始まり、我に返った皆さんへ「カフェギャラリー茶蔵」さんのケータリング料理とドリンクをお勧めする。

しばらく歓談のあと。

この時間を使って皆さんに提唱したいことがあった。
 

京都のはんなり・江戸は粋、といった、着物を表す言葉がある。

では岡山は?とたずねると、生まれも育ちも岡山、というかたでもなかなかパッとイメージできる言葉がない。

いわゆる「よそ者」の私は、地元の人が当たり前に感じすぎて見えていないような中にも、沢山の良い岡山があると感じている。

京都と同じ長い歴史の中に、ここでしか生まれなかった、地域性豊かな独自の和文化が育っているはず。

その良さに気付き、皆さんで一緒に発展させていきましょう、というのが今回のプロジェクトの目的だ。
 

私は、岡山の着物文化は「普段着」にあると思っている。

「デニム着物」は、今では耳馴染みとなっているが、これは「デニムの街・児島」「国産ジーンズ発祥の地・児島」「デニムの聖地・井原」などがある岡山だからこそ生まれたもの、ではないだろうか。
 

綿花栽培からはじまった繊維産業が根付く岡山。

ここには、飾らない、気取らない日常の中に溶け込んだ繊維の数々がある。

これが、岡山らしさではないか。
 

児島帯も、ここだから生まれた。

デニム着物も児島帯も、今は“伝統”と呼べるものではない。

だが100年後に残っていたなら、それはもう岡山の伝統的な着物と言えるものになっているだろう。

いま、岡山らしい着物、がないなら、私たちが作ればいい。

私たちが始めれば、次その次の世代の人がきっと受け継いでくれる。

そうして100年後には伝統になる。
 

~皆さんで一緒に、岡山の新しい伝統を創っていきましょう~
 

これをお伝えしたかった。

 

・・・つづく。

 
 

~『本物の“太夫”と過ごす夕べ』~LIVE配信 をご覧になるには・・・

1.スマホアプリ【FRESH!】をダウンロード(無料)

2.検索欄に「本物の太夫と過ごす夕べ」と入力

3.「【葵太夫】本物の太夫と過ごす夕べ【舞う】わのみんTV特別篇」をクリック

4.3分15秒後にスタートします!