IMG_5218
 

帯は結ぶもの
 

人と人

街と街

過去と現在(いま)

現在(いま)と未来

 

ずっと、そう信じ願ってきた。

先月末、それが現実になった。
 

「伝統産業のコラボで、新しい“伝統”を創り出す」ことを夢みて、児島帯を考案した。

ネットショップでただいま公開させていただいている。

先日そちらに、お問合せをいただいた。

児島帯に一目ぼれしてくださったという。

太秦映画村でのイベントで、児島帯を結びたいとのこと。

「承りました」の電話をさしあげた。

先方の声から推察し、似合いそうな帯結びをイメージする。

可愛い声の持ち主“よちさん”は、着物に精通したお若い女性のようだった。

 

帯を購入いただいたかたには、張りのある児島帯の特性を活かした、創作帯結びの動画をプレゼントしている。

数分しか話していないが、よちさんの着物LOVEは良く良く伝わってきた。

お若いけれど着物はシックにまとめて、帯で華やいだ雰囲気に・・・。

それは、私が好んでする着物スタイルと一緒。

きっとそうだろう、と直感した。
 

よちさんは、見事に児島帯を結んでくださった。

創作帯結びをした後姿を、インスタグラムで公開していた。

背中で“魅せる”帯結びが、そこに写っていた。

後日、ご挨拶のメールもいただいた。
 

帯は結ぶもの・・・お会いしたこともないけれど、帯を通してしっかりと“結”ばれた時間だった。