IMG_6156
 
とにかくインドの子どもたちは元気だ。

素晴らしく笑顔がいい。

そして、元気な子も、はにかみ屋さんもみな、手を振って挨拶をする。
 

それは、フマユーン廟を訪ねたときだった。

校外学習なのか、大勢の子どもたちがきちんと列になって歩いてくる。

私たちを見た途端、蜂の子をつついたようにきゃーきゃーとなり、通りすがりにハロー! バァーイ! とハイタッチ。

こちらがカメラを構えたら、だだだーっと一緒に写りにくる。

子どもらしい無邪気さ、人なつこさと、新しいものを見知ったことの好奇心が、透き通るような大きな目に表れていた。
 
IMG_6176
 

きっと、そんな子どもが大きくなったのだろう。

好奇心の強い大人もたくさんいて。

 

その女性はとても綺麗なサリーを着ていた。

小さな姫を連れていたから、きっと一家で国内旅行をしているのだろう。

彼女は私を見ると、まるで旧知の仲のようにそれはそれは嬉しそうに駆け寄ってきた。

言葉はわからないが、私の着ているものを盛んに褒めてくれているようだった。

「日本」だとか「着物」だとか、そんな知識より、彼女はただ美しい・綺麗だと思ったものに素直に引き寄せられてきた、といったふうだった。

その素直さが嬉しかった。
 
IMG_5896
 

子どもに戻ったように、きゃっきゃっと一緒に写真を撮った。

 

インドと日本は仲が良い。

そう思える関係に、今後もずっとあってほしい。

インドの皆さんに、日本を好きでいてほしい。

小さな小さな親睦だったけれど、私はあの時、心からそう思って親善大使になりきった。