IMG_9269
 
今年ももうはや、ツバメが帰ってきたらしい。

義母の住む家に戻ると、車庫の床にフン受けの新聞紙が敷いてあった。
 

「生まれたらな、そりゃあもう、優しい優しい声で親が話しかけるんじゃ。人間と同じじゃ」

目を細めてそう話す義母は、孫の成長を楽しみにしているおばあちゃん、そのものだ。

いつもながら義母の観察眼というか観察耳は・・・すごい!
 

卵からかえってしばらくすると、カラが下に落ちてくるらしい。

それを合図に義母がすることがある。「蛇よけ対策」だ。

蛇もまたそれを合図のように、ヒナを狙いに来るらしい。

そういえば、先月、ホームセンターで蛇よけに蒔くクスリを買ったっけ。

この時のために、2か月前から計画的に買い物をしている、こりゃまだまだ大丈夫だわ、と少し安心した。
 

昨夏の暑さがたたったのか、一気にやせ細った。

歩くスピードもゆっくり、長く立っているのはつらいようで、今日も道端に座り込んで、叔母と話をしていた。

大好きな義父の墓掃除も、もう辛くなったのか、「今年からはあんたや」と宣言された。

帰るたびに墓に寄るが・・・冬の間の枯葉掃除だけでも汗が出る。

そのうえ、もうこの時期には草も生え始めるわ、毛虫も歩いているわ、容易ならざる状況。

墓を守るということがどれだけ大変か、すでに数ヶ月で身に染みた。
 

何もかもやる気をなくしてしまったか・・・と心配していたが、ツバメのおかげで義母はハッスルしている。

今日も、那須家の車庫、通称ツバメ団地に、一組また一組と戻ってきているかもしれない。

車庫の天井をじい~っと見上げている義母の姿が、目に浮かぶ。