IMG_9240
 
ステさんご夫妻と知り合ったのは、昨年のちょうど桜が開花した日。

お二人の結婚式介添えをしたことがご縁だった。

二人はSNSで知り合い、愛を育み、ステさんはのりこさんと結婚するために、イタリアから海を渡って来た。
 

ドラマよりドラマチック~!と、女の子なら目をウルウルさせるようなこの物語の主人公たちは、本当にキュートでユーモアあふれ、ノリノリ楽しいお二人だ。
 

ふと、私にとって「帯結び」も、キュートでユーモアあふれ、ノリノリ楽しいことだと思った。

いや、それくらいであってほしい、どんなかたにも。

自分で好きな形を創っていくことが、ノリノリ楽しくないわけがない。

しかも、人間なら誰だって創造力で形をつくることができるし、楽しむことができる。

国境なんてあるはずない。

じゃあ、ステさんにもやってみてもらおう!
 

と思い立って、ご夫妻にお願いしてみたら。

やはりノリノリのお返事を頂戴できた。
 

日本が好きで海を渡って来ただけあって、ステさん、なかなか着物が似合う。

それで、細巾の「児島帯」をイタリア語解説しながら結んでもらった。

日本人が教わっている・・・ような、なんとも面白い動画ができあがる。
 
YOU TUBE『児島帯は世界を結ぶ!~身に着けるアート「帯結び」で日伊国際交流~』
 
 
ステさんが、帯結び解説にチャレンジ! 

女性用「児島帯」の帯結びをイタリア語で丁寧に説明。

誰もが帯結びを楽しめるよう、日本語解説は私が入れて。

国境を越えて、世界が一緒に帯結びを楽しむ日が本当に来るかも!?
 
YOU TUBE 『児島帯は世界を結ぶ!~女性の帯結びはまさに「身に着けるアート」』
 
 

着物のたたみかたをイタリア語で解説!

実際、着たあとはどのようにしたらよいのか、よくわからない外国人もいらっしゃることだろう。

1日陰干しをしてから、このようにたたんでもらえたら、着物も喜ぶ。

もうこれで収納も安心。

正座の苦手なステさんが、モジモジ・・・しながらも頑張ってくれた。

可愛いピンクのデニム着物は、倉敷市本町「着物浪漫」さんオリジナルデニム着物。

うん、カジュアルな着物を着るときには、児島帯が良く似合うね。
 
YOU TUBE『児島帯は世界を結ぶ!~番外編?着物片づけ編~』
 
 

帯結びに国境はない!

児島帯は世界を越える!

と、豪語しながら、最後は焼肉で〆た一日だった。

(焼肉も世界共通だ~国境はない~)