IMG_0907

 
ちょっと、いいな・・・。

最近、そう思う場面に出会えることが多くなった。

 

朝、車の通らない住宅街や細い路地を選んで、ウオーキングをしている。

そこへ通学または通勤の自転車が前から来る。

お急ぎだろうから、と、脇にそれて通り過ぎるのを待っていると。

ほとんどのかたが軽く会釈、女性は口元に微笑みを持たせて。

爽やかな気分。

 

どうしても車道を渡らなければならない場所がある。

こちらは車が通りすぎるまで待つ姿勢でいるのだが。

ほとんどの車が一旦停止し、私を優先させてくれる。

口元に微笑みを持たせ、おじぎをして横断する。

 

こんな小さな、人とのかかわり。

でもここに、「人間とは優しいもの」だと誰もが信じたい思いが、ぎゅーっと詰まっている。