IMG_7539
 
8月の教室は、小さなお客様が多い。

お母さんやおばあちゃんについてきて、大人のすることを見ている。

ジョウくんも何度かおばあちゃんと一緒に来ているので、すっかり教室のメンバーには慣れている。

が、男の子だから、なかなかじっとしていない。

部屋を出たり入ったり、セロハンテープで鏡にオモチャを張り付けたり、おばあちゃんのお道具を取ってみたり。

好きなように遊んで待ってもらっている、つもりだったが。
 

ある日の教室に、ジョウくんは白い箱と一緒にやってきた。

そこには七五三で着た、自分の袴一式が入っている。

朝からおばあちゃんに自分の着物を出して出して、とせがんだのだそうだ。
 

男の子も着物が着たい、って思うのか!と、これには私も嬉しいオドロキだった。

これは良い機会、と、急遽、本日のレッスンは “子どもの袴着付け” に変更だ。
 

いざとなったら照れくさくて、「いやだ~いやだ~」と駄々をこねるジョウくん。

だが鏡に映った自分の袴姿、まんざらでもないらしい。

意外にも、じ~っくりと眺め、そしてちょっとはにかむ。
 

子供たちが、自分から着たいと思える環境づくりをすること。

「文化の伝承」の本当の意味を、ジョウくんから教わった。