IMG_8006

 
真新しい道場に入った美智子先生は、すぐに部活動の生徒を呼び寄せた。

入口そばの棚を指さしている。

そこには彼らの学校カバンが、無造作な状態で詰め込まれていた。

「もっと考えて置きましょう。」
 

何を言われたのかよくわからない、といった表情の生徒たち。

見た目がよろしくない、と言われているのはわかるようだが、何がいけないのか。

直し方がわからなくて、誰も動かない。

・・・う、うーん、それもよくわかる。
 

美智子先生は、「ずいぶん昔のことだけど・・・」と話し始めた。

部活動の試合を応援しに行ったときのこと。

対戦校の陣地近くに、低い石垣のようなものが見えた。

近づいてみると、それは対戦校の部員のカバンだった。

ピッチーっと一直線に整然と並んでいるものだったという。

それから半年後、また同じ対戦校となり会場に行った。

その時も、またカバンは見事なまでに整列してきちんと置かれていたという。
 

「うちの学校が勝てるわけない、と思った。」

美智子先生がそう言った瞬間、生徒たちが「腑に落ちた」顔をした。
 

真の教育の場を目の当たりにした。

“理解した瞬間” に立ち会った。
 

すごいな。

ちょっと熱いものが込み上げた。
 

学芸館高等学校の新しい拠点、「スクールガーデン」は、明日が竣工式。

この中で育つ生徒さんの将来が、本当に楽しみだ。