一歩踏み出す覚悟

DSC03049

彼女とは実に20年ぶりの再会だった。

旅先で友人がオススメだと連れていってくれたカフェ。古民家の落ち着いたたたずまい、調度品すべてに味わいがあり、人気の理由が良くわかった。

彼女はこのカフェを10年前に始めたという。まず驚いたのは、そんなに前からここに住んでいたという事実にびっくりした。全然知らなかった。

彼女とは、前職でほんの数ヶ月、同じ期間に在籍していた。同じ部署ではなかったが、会えばばよく話をした。年齢も環境もまったく違っていたが気が合った。よく写真室で、今風に言うと女子トークしたものだ。

私が退職してから、会うこともなくなっていたため、彼女が住み慣れた地を離れ、ここにきていることはまったく知らなかった。

でも、私を見てよく思い出してくれたものだ。そしてよく声を掛けてくれたと感謝した。私は…変わってなかったのだろうか。

20年前の自分…どんな人間だったっけ。全然思い出せない。しかし彼女の中には、確実に20年前の私がいるのだ。…そう考えるとちょっと不安…

が、とんでもない思い出なら、きっと古い知り合いだと気づいても声はかけないだろう。ポジティブシンキングの私は、そうとしか考えられないのだが、まぁそれも良いじゃないか、と勝手に納得し、満足した。

いや…まて…20年くらい前の私…、少しずつ思い出してきた。今とは真反対に近い性格だった。考え方も少し暗い。そんな自分を隠そうと、わざと明るく見せていたところもあった。が、真剣に生き方を見つめなおし、見つめ続けた先に、自分にしかできない仕事と場所を見つけた、それが転機だったのだろうか。

私にとってそれは「結婚」だった。そう言えば、夫に向かって私が幸せにする❗️と豪語したっけ。その偉そうな誓いは、これでもちゃんと覚えていて、一席しかない夫の隣の座で、楽しくも真剣に妻の仕事をさせてもらっている。

独身だったころ、やっと就いた好きな仕事を辞めなければいけなかったり、それで職場ともめたり。思い出せば若気のいたりではすまないようなことも多々やってしまったが、最終的に「結婚」を選んだことに間違いはなかった、と今でも思う。それくらいの覚悟をしたから、今の自分、今の毎日があると思っている。

覚悟を持っていれば、結果はきちんと応えてくれる。婚活も、それくらいの覚悟を持って臨んだら、何か得られるものはあるんじゃないか。と、これは、縁結びのお世話をしながらたびたび思うことだ。

20年ぶりの彼女は、とても穏やかで良い表情をしていた。彼女も、覚悟を持って自分の道を歩んできたはず。憧れていた大好きな地に暮らし、イキイキとしていたのだろう。そんな輝いていた彼女に素敵な男性が現れ、今の充実した毎日がある。

人はそれぞれ。だが…人生で1度くらい、そんな覚悟をしても悪くはない。自分なりの”覚悟”のレベルで良いのだから、無理せず、でも、しっかり考えて。

次の、シングルコミュニティ『change myself』例会では、そんなアドバイスもさせてもらおうか、と思っている。

← Previous post

Next post →

4 Comments

  1. 匿名

    自分で覚悟を決めて始めたことが上手くいかなくて、気持ちも追いついていかなくて、気持ちばかり焦っていたときにこのブログを読みました。
    私には覚悟が足りなかったのだろうかと自問自答しておりました。
    自信のなくなりかけた心に「大丈夫だよ」と言ってもらえたような気がしました。

    • kimonoterrasse

      上手くいかないときって、私も多々あります。
      そんな時は、身近で信頼できる人に相談してください。 
      そう、そのためには身近で信頼できる人間関係をまずつくること、。
      その努力は、きっといつか自分自身に「大丈夫だよ」と言ってくれると思います。

  2. 匿名

    ♥♥♥
    出会い・・・って素敵ですね!!

    地球上の人口は約70億人・・・・誰か特定の人と出会える可能性は70億分の1。そしてさらに、再度、同じ人と出会える可能性もまた70億分の1。そして、一度、別々の人生をお互い歩き始めて、再度、ある特定の日に出会える可能性は、ほとんどゼロ。そのような可能性の中での再度の出会い・・・まさに奇跡のような出会いですね。素敵なことです。

    でも、全ての人との出会いは、これと同じではないでしょうか。茶道に由来する「一期一会」という言葉があります。茶会に臨む際には、『その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構え』・・を意味しているそうです。茶会に限らず、全ての出会いは、「一期一会」なのではないでしょうか。

     「一期一会」の心を見失い、素敵な出会い!!・・・を見過ごしていないでしょうか?結局のところ、素敵な出会い・・に・・【気付くか】・・・【気付かないか】・・も自分の“`心の持ちよう“`次第のように思います。「一期一会」の心を大切にし、日々を過ごしていれば、素敵な出会い・・を見逃す事はないのではないでしょうか。そして、素敵な出会い・・・と【自分の心】が判断したなら、その心の感性に、素直に・誠実に従うことが大切なように思います。

    • kimonoterrasse

      お茶の心得はあまり深くは存じていませんが、『一期一会』という言葉は私も大好きです。
      いつも、その気持ちで過ごしたいと思います。
      そんな中に素晴らしい出会い、素晴らしい日々が、必ず待っているはずだ、そう信じています。

kimonoterrasse にコメントする コメントをキャンセル