生まれ変わる

DSC03213

 

品も質も本当に良い、夏の大島紬だった。
これをまとって、ご夫婦は旅行したのだろうか。
夏の夜、そぞろ歩きでビールでも飲みに行ったのだろうか。
紬とは思えない、たおやかな着物。色も粋で男物といわれなければ、そうは見えないくらい艶っぽい物だった。
「主人は着道楽だったのよ。」という奥さんの言葉は本当だな、と納得した。

 

たくさんの着物を残し、ご主人は若くして鬼籍に入られたのだという。
今日のパーティで彼女が着ていたのは、その大島紬だった。
ご主人のを自分用に仕立て直したのだという。
そう話す彼女は、いつもより一層優しい笑顔に見えた。

 

お祖母さんの、お母さんの着物を着ている、という話はよく聞く。
思い出いっぱいつまった着物を着ていると、大切な愛情を受け継いでいると実感するだろう。
ご主人の着物・・・というのも、それと同じくらい愛情を感じるアイテムだろう。
男性用の着物を女性用にわざわざリメイクするのだから、愛情はひとしおだ。

 

男性用の洋服を女性用にリメイクするのは、とても難しいだろうが、着物はそれができる。
男物のキモノは、柄も色も女性用のように多彩ではないが、ちょっと粋でちょっと格好よい。
そんなキモノが好きな人には、もってこいの色柄だろう。
彼女はそんな雰囲気がよく似合う人だ。
むしろ、そうすることで、より一層彼女らしい着こなしをしているように見えた。

 

他界されて十数年、家の中も心の中も、少しずつ変わってきているはず。
でも、この着物は、彼女とともに生きる。
思い出も一緒に生きる。
着物って・・・・深い!

 

そういえば私も、袋帯を男性用角帯と女性用半幅帯に作り直し、ペアルックを楽しんでいる。
着物ってこんなことができるから楽しい。

 

優しい笑顔の彼女は、ご主人との懐かしい思い出と愛情にくるまれているように見えた。
着物は着るのではなく、「まとう」のだという言葉の意味が、よくわかったような気がした。

← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. 匿名

    着物は着るのではなく、「まとう」もの・・・・素敵ですね。
    文中の女性・・・きっと、ご主人の「愛情」をまとっているのでしょうね。

    人の生死の証は、結局のところ、「自分以外の人の意識の中にしか存在していない」・・のではないでしょうか。「その人を愛し、大切に想う」そうした人がいてくれてこそ、『生きている』ことになるように思います。愛する人の心の中に存在し続けるって、素晴らしいことだと思います。

    • kimonoterrasse

      袖を通すことがなくなった、と言いながら、着物や帯を大切に持っていらっしゃる方がいます。それは、親御さんが大切な人が心を込めてつくり、持たせてくれたという思い出がたくさんあるからだと思います。
      どれだけの時間が過ぎようとも、着物はそうやって思い出をすぐにでもよみがえらせてくれる、「愛情のタイムカプセル」なのかもしれません。
      そんなあったかい「ココロ」をまとって生きる幸せを、着物は与えてくれるものだと思います。

コメントを残す