DSC03317
夏ものであっても、袋帯や名古屋帯はそれなりの重さがある。ちょっとした負担が一日の疲れの差になる。
「もう少し帯が軽けりゃええのに…」との生徒さんの声に、私は迷わず“半幅帯”をオススメした。

私はほとんど毎日着物で暮らしているが、いつも半幅帯を締めている。よほどの場でない限りは半幅帯を締めて出かける。ちょっとしたパーティも、ちょっとしたお茶会も。失礼がなければ、むしろ好んで、あえて半幅帯をチョイスしている。とにかく手軽で日常使いにはもってこいの帯だ。

半幅帯はカジュアル過ぎて・・・という少し年配の人や、きちんとした装いをイメージする人には、帯枕・帯揚げ・帯締めを使った結び方を提案している。正面から見たら、袋帯・名古屋帯をしている姿と変わらない。後ろを見て初めて、「あら、珍しい結び方ね」となる。パーティではこれで華やかな話題にもなるだろう。

半幅帯だからといって、決して他の帯に見劣りするような大きさではない。半信半疑でやってみた生徒さんたちは、「いいじゃない〜 いつもと雰囲気も変わるし、なにせ軽くて楽だわ〜」と大満足の様子だ。オシャレ心をくすぐってこそ、着物は楽しい。

いまはゆかたの季節。この機会に、自分に合った自分好みの「半幅帯結び」、増やす楽しみを持ってもらいたい。