IMG_8764
 

「新ショウガの佃煮を作ったから、、、」と連絡を受け、いそいそとご近所の知り合いのお宅へ出かけた。
こちらの手土産は、我が家で採れた夏野菜。大した出来ではなく少しだけだが、お互い夫婦二人暮らし。食べる量はわかっている。ほんの少しでいい。この季節にしか食べられないもの、季節感を感じるものを食す、という楽しみを、一緒にできるコミュニティが、いつしか出来上がっている。
 

結婚前には、学生のときの仲間、職場の仲間、などコミュニティがあった。結婚してからは、どれだけのコミュニティが増えたのだろう。ご近所さんのコミュニティ、そこから広がった趣味のコミュニティ、寿退社したあと新しく始めた仕事のコミュニティ・・・。子どもがいたら、学校関係や子どもを取り巻くいろんなコミュニティに足を突っ込み、顔を出していたに違いない。
 

『婚カツ向上委員会 ~change myself~』では、よくそんな話題にもなる。今、自分が納得できる出会いがないのだとしたら、それは今が変わるタイミング。自分自身で、自分を変えようとする気持ちを持つだけで、きっと新しい何かに出会える。これは、今後に備えての準備運動だと思っていただきたい。
 

結婚したら、本当にいろんなことが変わってくる。目まぐるしく変わってくる。でもそれは、どんどんと自分が向上することにつながっている。気がついたら地域の中核を担っていたりして・・・と、女性とはそれくらいバイタリティーもガッツもあるもの。だから、昨日よりも今日、今日よりも明日、何か新しいことにワクワクしていてほしい。
 

“ご近所美味しいもの大好きコミュニティ”では、手作りとは思えないほどの豪華なお料理をいつも振る舞っていただく。そこには必ず美味しいお酒がついてくるのだが、残念ながら下戸の私。でもそれは、夫が引き受けしっかり飲んで場をにぎわしてくれる。食べる専門家の私と、二人で一人前。だからこそ良い関係が続いている。
 

ご近所も持ちつ持たれつ。
夫婦も持ちつ持たれつ。