IMG_8918
 
着つけレッスンを始めたばかりの人は、よく言う。「私、もたもたしてて、皆さんにご迷惑をかけてしまう」と。

そんなことはありません。

そして他の皆さんも、「いやいや、そんなことないよ」と(これは本心から)言う。

 

レッスンはいきなり着物を着るわけではない。

お道具の並べ方やサイズの合わせ方、その意味、最後はたたみ方まで、基礎からきっちりレッスンをするので、確かに最初は手間ひまかかる。

けれど、少し慣れてきた人も、ちょっと忘れている部分があったり。

もっと慣れてきた人は、自分の癖が出て独特なことをしていたり。

そんなことに気付かせてくれるのは、新人さんなのだ。
 

それから、何とか帯結びができるようになったころ。

なかなか一回どおりしただけでは覚えられない。

そんなとき、ベテランさんは一斉にあなたの“先生”になってくれる。

 

「ここをこうして・・・」「ここを押えて・・・」「ここをちょっと変形させたら、ほらこっちのほうが可愛いよ」などと、いろんなアドバイスを含めて手とり足とり。

丁寧な“先生”がマンツーマンで、あるいはぐるりを囲んで、楽しそうにおしゃべりしながら。
 

私は、そんな光景がとても好きだ。

これは、新人さんが教えてもらっている、というだけではない。

ベテランさんにとっても、自分がどれだけちゃんと理解できているか、確認できる時間だ。

人に説明し、その人がきちんとできて初めて、理解できていたということになる。

アウトプットは、新人さんがいるからこそ。

ベテランさんにとっても、なくてはならない存在だ。

 

それぞれが目指す“着物美人”の夢も、お互いアウトプットして、お互い理解して、そして高めあえたら。

同じ文化を持つ者同士、大きな絆になるだろう。