img_0351
 

どこへでも着物で出かける私が、今回行ったところは、、、、

クラシックコンサート『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』
 

12人全員並べば、舞台に花が咲いたような美しさとあでやかさ。

一人ひとりがソリストとしても活躍されるレベルの高さ。

・・・・・だけでなく。

全員のトークがあまりにも面白く、コント的な動きも絶妙で、素晴らしいエンターテイナーぞろいだった。

抱腹して笑うクラシックコンサートなど、なかなかあるものではない。

知的な12人が繰り広げる愉快な舞台。

クラシックコンサートに来ていることを・・・終演まで忘れていた。

 

12人が奏でる音色に酔いしれたのは言うまでもないが、実は一番印象に残ったのは、それぞれのトークに出てくるよく似た言葉だった。

全員が素晴らしいヴァイオリンの腕を持っている。

が、口をそろえて「ヴァイオリンが弾けるだけでは、生き残れない」「それだけでは、ここに居られない」「別の何かを持っていないとヴァイオリンが弾けるだけではダメ」

何かにつけてそういった言葉が、面白おかしいトークに乗って、バクダン発言のように軽やかについて出てくる。

これらのトークも、きっとその厳しい競争?の中で、磨きあげてきた「さらにもう一つの才能」なのだろうか。

 

一芸に秀でているだけでもすごい、と思ったが、そこで甘んじてはいけないということを教わったような気がした。
 
img_0308
 

「着物が着られる」だけでは、もちろん良いとは思っていない。

着つけの普及と育成というお役も、意識はしている。

それ以上に、何かまだ大切なことがあるはず。

私にできる“何か”を「探せ!探せ!」と背中を押されているような、そんな力強い音色に包まれた時間だった。