img_9682
 
いつもはアテンド(介添え)として入っている仕事先で、いつもと違った役目をいただいた。

 

普段、アテンドは黒のスーツ姿。だが今回の私は着物だった。

 

その日は、スタッフの結婚式&ウエディングパーティ。

“身内”のための特別な一日を迎えて、緊張感ではなく“特別な”華やぎがある。

シアワセが時間に乗って、どんどんと押し寄せてくるような静かな盛り上がりの中に、全員幸せな笑顔が広がる。

建物に入った途端、私もそのシアワセな雰囲気に包まれた。

・・・これが、ここのスタッフが創り上げたかった「ウエディング」なのかもしれない。
 

親御さま、ご親族の控室がある階のエレベーター前で、私は控える。

到着された皆さまが本番を迎えるまでの間、ゆっくり過ごしていただけますように。

そんなことを考えながら、フロアを静かに守る。

 

事前に、主だった仕事の内容は言われたものの、細かい指示はなかった。

「何をするか」ではなく「何ができるか」が大切、な仕事はたくさんある。

アテンドもそんな仕事の一つだ。

その仕事を普段している“私”を抜擢してくださった意味を考えながら、その時間、集中する。

そして『着物』で、と指示があったその意味も。

 

親御さまを着付け室から控室へとご案内する時間。

親として、新郎新婦は今どこで何をしている時間なのか、と少し気にかかるそんな質問の時間。

 

親御さまにも、会場に入ってからどんな「特別な日」を過ごしていただくか、これも婚礼には大切なテーマのように感じる。

着物でフロアにいた私に、次へつながる何かができただろうか。

 

いつもピッタリと新郎新婦に寄り添っている役目だが、今回は会わなかった。

が、親御さまの心を通じて、お二人に“おめでとう!”をちゃんと伝えられたような気がした。