img_0495
 
家からまっすぐ50m。静かな海が目の前に広がった。

すでに周りが見渡せるほどに夜は明けている。

しかし、まだ姿は見えない。

毎年拝むご来光は、そこにある島を越えて、私たちに会いに来てくれる。
 

キラリ・・・と山頂が光った瞬間、その小さな輝きはいきなりの強いまなざしをもって、ぐいっと顔を出した。

 

海面に一滴の光が落ち、そこから一本の光がすーっと音もなく、私たちに向かって近づいてくる。

 

光の道。

 

波打ち際まで伸びてきたとき、私たちの身体は太陽の熱を感じ、心まで温かくなった。

 
 

新しい年が明けた。

「良い年でありますように」

手を合わせた。

 
 

皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。