IMG_0674
 

KIMONO Terrasse では、出張レッスンも承っている。

 

母娘でレッスンをしていたお宅で、お母さんは仕事が忙しくなり今は休止、代わりに弟たちが気まぐれにレッスン室にやってくる。

 

昨日、兄貴は来なかった。

そのかわり弟がずーっとそばでかまってほしそうにじゃれてくる。

 

チョビは3才。遊びたい盛りだろう。

だからといって、こら、帯締めをかじるんじゃない! 房に飛びついちゃだめ!

こんなことを言いながら、レッスンは賑やかに進んでいく。

 

猫の足の裏は“ホンモノ”をすぐに見分けるようだ。

着つけのレッスンのためにきちんとお道具を並べ、着物を置いたら・・・必ずと言っていいほど着物の上に座る。

もしくは、歩く。

絹のたおやかで柔らかな肌触りがわかるらしい。
 

帯を結ぶ練習の時には傍らにいる気配を感じないので、どこに居るのか…と思ったら、私のバッグの中の正絹の帯をふんふん・・・と嗅いでいる。

練習用帯(化繊)には見向きもしない。

まさか、絹と洗える素材とを嗅覚で分けている、とは思わないが、だが、動物の本能というような行動が恐ろしいほどによく見られる。

 
 

人間だって、動物だ。

ホンモノを五感で感じる、その素直な本能をもっと磨く必要があるかもしれない。