IMG_1534
 
「古道里(こどり)はじめの千手(せんず)じまい」

今年の邑久郷八十八カ所参りは、その十数か所らしい。
 

この時期、私の嫁ぎ先では、お大師信仰のお参りをする習わしがある。

昔からこれを「一日参り」と呼んでいる。

 

昔は本当に一日かけてお参りの行脚をしていたようだ。

弁当を持って、てくてくと歩いて。

今は車に乗り合わせて。

古地図を開きながら、古老の “人間ナビ” の記憶をたよりに、進んでいく。

今年は、まだ八重桜がきれいな花を咲かせていた。
 

普段、村の役は義母がすべて務めているが、ここは嫁の出番。

車を運転できない義母に代わり、嫁が家の代表をつとめ、運転手をする。

と偉そうにいって、普段暮らしていないところの風習はさっぱりわからず・・・。
 

出発前に義母は、必要なものを全部用意して渡してくれた。

お賽銭も。

袋の中は5円玉がたくさん。

 

「お大師さまと良い縁(円)をつないでおいで。」と、 “お” 袋が言っていた。