【児島帯-KOJIMAOBI-】はこちらで扱っております
~『児島帯』のページへ~
 
 
【児島帯】は、素材ひとつひとつをお好みの色柄が選べるセミオーダー制。
「あなただけの帯」をつくる楽しみ、味わってみませんか?

 
 
【児島帯】は、カジュアルからセミフォーマルまで、さまざまなシーンに合わせられる種類を用意しております。
 
《超!カジュアル》
・easy児島帯(イージーkojimaobi)(男性用、女性用あり)
着物初心者のかた、海外からのお客様の旅のお土産に。
「結ばない!」帯。イラスト解説付きですので、どなたでもカンタンにできます。
洋服にベルトのように使っても良し。あなたの感性で自由に装ってください。
帯の両面(リバーシブル)どちらも使えますが、それだけでなく、実は画期的な「3way!」。
これは・・・特許ものかも!?
190212_0018s
 
《カジュアル》
・半巾帯(女性用)
ベーシックタイプ。幅広い用途に使えます。

・細帯(主に男性用)
女性用半巾帯とペアで制作もOK。
「お揃いの帯」でお出かけしてみませんか?

・3way帯(主に男性用)
easy児島帯の3wayを活用し、長さたっぷりにつくりました。
190308_0106s
 
《セミフォーマル》
・名古屋児島帯(女性用)
開き仕立ての「完全リバーシブル!」。両面使えるので、一石二鳥、いや、それ以上!!

・シルク児島帯(半巾帯)(女性用)
「現在」のデニム・たたみべり・真田ひも、の最高品を集めた逸品。贅沢な一本です。
190308_0023s
 

~詳しくはこちらのページへ~

 
 

【児島帯】は、今までの帯にはなかった素材で出来ています。
 

《デニム》
ジーンズの街・児島を代表する繊維のひとつ。
ジーンズは普通、色落ちしますね。
でも、帯に使っている生地は、基本的には色落ちしないものを厳選しています。
白い着物や白いバッグも安心です。
 
 

《たたみべり》
最近はバッグや帽子など、いろんな小物にも使われるようになりました。
それを帯にしてみよう・・・と思ったのは。
その「強いハリ」。
 
綺麗に帯を結んだのに、ちょっと背もたれを使ったらぺっちゃんこに・・・
そんな経験、皆さんありませんか?
この「強いハリ」を使ったら、皆さんの背中を一日中美しく魅せることが出来るのでは、と考えました。
けれど強いだけに、一度ついた折り目はとれにくい・・・
実はそれが欠点でした。
けれど、児島帯は見事それをクリアしました。
 
児島帯の名にもなった倉敷市児島は、全国のたたみべり生産の約8割を占める大生産地。
そこには長年培ってきた経験と技術があります。
今回、帯用にとわざわざ研究開発をしていただき、なんと!アイロンをかけて自宅でアフターケアできるようにしていただいたのです。
これは、とてもとても活気的なことなのです。
 
普通の帯は、あまり・・・アイロンはかけられません。
手アイロンでしわ伸ばしをするくらい。
ケアは専門店にお任せというのがよくあるパターンです。
そして普通のたたみべりも、実はアイロンは不可なものがほとんどです。
でも。
児島帯に使っているたたみべりは、アイロン可!
強いハリゆえについた折り目、も簡単にケアできます。
 
もちろん洗濯も。
ただし、洗濯機や乾燥機はご遠慮ください。
非常に長い布地ですので、ヨリやヒネリのかかるものは禁物です。
優しく手洗い、押し洗いをお願いします。
でも、おうちケアが出来るって、すごく助かりますね。
 
 
《真田ひも》
真田ひもは全国にいくつか産地があります。
倉敷市児島もその一つ。
児島の真田ひもは、綿100%で出来ています。
だからとっても丈夫です。
滑りにくいので、帯に縫い付けていますと、多少滑り止めになっているような感じがします。
 
帯はセミオーダー制でご注文いただけますが、そのときに真田ひもは、縫い付けるか縫い付けないか、自由に選んでいただけます。
縫い付けない場合、帯の長さ分の真田ひもをそのままプレゼント。
帯締めや飾り紐など、自由な発想で使ってもらえると嬉しいです。
 
 
 
そして帯の特徴と言えば、もう一つ。
《長さ》
半巾帯は約4.5mあります。
長すぎる!といった声も、実はありました。
確かに昔ながらの帯結びをする場合は、この長さは必要ありません。
でも。
帯の長さは結ぶカタチによって選ぶ、と考えてはいかがでしょう?
平成時代に生まれた児島帯。
児島帯で結ぶなら、この時代に生まれた帯結びにチャレンジいただければ、と思っています。
詳しくは、
“結び”のこだわり 
または 
児島帯の着こなし ~『児島帯』のページへ~
 
 
その児島帯はどこで生まれたのか・・・?
 
特別な織屋さん? いいえ。
特別な機械で織られたもの? いいえ、いいえ。
誰もが1本は持っているジーンズ。
そのジーンズやデニム洋服を作っている一軒の縫製所から、児島帯は生まれました。
 
 
和装はけっして特別なものではありません。
生活の延長線上にあるもの・・・
それをぜひ、こちらでご覧いただければと思います・・・