【児島帯】を使ったさまざまな創作帯結びは、こちらでご覧になれます

児島帯の着こなし ~『児島帯』のページへ~

 
「帯結びって、何種類くらいあるのですか?」
たびたび聞かれます。
そのたびに、私はこう答えます。
「人の数だけ。」
 
本当は。
「出会いの数だけ。」
 
出会いには、人と人、街と街、過去と現在(いま)、現在(いま)と未来・・・
一日の中にも、たくさんある。
一日の中にも、たくさんの種類がある。
 
その感動や喜びを「カタチ」にしたい・・・
帯ならそれを表現できる。
ワクワクも。
ウキウキも。
ドキドキも。
 
表現することで、さらにシアワセな出会いは増える。
 
「自分の気持ち」を表現してみませんか?
帯は、言葉にならない「想い」を表現できる、あなたの自己表現ツールです。
 
 
《帯結び》の販売もしております
商品一覧(デジタルコンテンツ) ~『児島帯-KOJIMAOBI-』のページへ~