着物 | 帯 | 結び方 | パーティ | おしゃれ | 着付け
『 雨が朝からしとしと降り続いています。

さて、《五福でHAPPYお祝の会》での隠し芸大会では、私の出番の直前になって、司会をなさっている七都子さんにあれこれお願い申し上げ、すみませんでした。

実は七都子さんとは「第九」でご一緒させていただいています。3年前、口が突然動かなくなったことからリハビリを兼ねて参加するようになりました。

指も動かなくなっては大変、とヴァイオリンを始め、それを隠し芸大会で披露させてもらいました。

まだ習い始めたばかりの腕前なので、お客様には退屈な時間になってしまうのでは、ということで盛り上げていただきたく、楽譜も読めて音楽のお判りになる七都子さんに「HAPPY~!」の合いの手をお願いした次第です。

会場全体で賑やかな掛け声にしてほしい、との希望に、予想以上に大変上手に盛り上げてくださって。

「一番大きい声でHAPPY~!を言ったテーブルのかたには、今年一番のHAPPYが舞い込みます!」などとおっしゃって。

あとからいただいたお写真には、掛け声と同時に高く手を挙げる七都子さんのハッスルするお姿が。そして社長さんまで手を挙げてくださっているので感激。本当にありがとうございました。

今年は東京五輪の年、ベートーヴェン生誕250年の年と、HAPPYな年です。

暖冬すぎたり、山火事の止まらぬ様子、中国のウイルスなど、何が起こるかわかりませんが、どうぞ一年がHAPPYでありますように。ごめんください。 』

・・・品の良い和菓子に添えられた一通のお手紙。

こちらこそ、喜んでいただけて良かったです。

お菓子は、あの時一緒に「HAPPY~!」と声をかけてくれた着物仲間と、ありがたく頂戴いたしますね。