倉敷 | 帯 | 舞 | 葵太夫 | 児島帯 | 嶋原 | 太夫道中

各位

既にお聞き及びかと存じますが、 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、倉敷市が主催のイベントを当面中止を決定したことで、3/7.8予定の太夫を招致しての日本遺産慶祝行事と、倉敷繊維産業の未来を考えるシンポジウムも中止となりました。

二年越しの企画がやっと実る、その直前まできて本当に残念でなりませんが、やはり安全が第一と考えます。

今までに頂戴いたしました数々のご支援、お力添えに心より感謝申し上げます。

今回の件、中止はとても残念ですが、良いこともありました。

今回の中止をパネラーお一人お一人にご連絡させていただいたとき、皆さんが「他のパネラーさんにも会いたかった」とおっしゃってくださったのです。

昨年末には、シンポジウム内容をまとめるための個々のヒアリングは終えていましたが、それからなかなか日程が合わず全員集合は結局シンポジウム当日朝、となるほどの強行スケジュールでした。

その本番が中止、パネラー同士が顔合わせする機会もなく終わった…と思っていたのですが、先の言葉を聞き、気づかないうちに、パネラーさんそれぞれがお互いに私を通して繋がっているという意識を持ってくださっていたのだ、と心が熱くなりました。

シンポジウムの目的は倉敷の繊維産業の未来を考えること、これは会場が変わっても観客がいなくても考えたらいいのではないか。

せっかくご縁が出来たメンバーなのだから、くじけず集まって考えようと、シンポジウム開催と同日、市担当者、コーディネーターの先生にもおいでいただいて、ランチをしながら、私たちのシンポジウムを開催することにしました。

名付けて「未来へ繋ぐ会」です。

いつかこの集まりが大きな意味を持つ…そんな第一歩の会にしたいと思っています。

今後ともお見守りください。どうぞよろしくお願いいたします。

【児島帯】~KIMONO Terrasse~
那須 七都子