この時期、私の胃袋を満たしてくれる有難い存在。
インゲンは、別名・三度豆と呼ばれるくらい、とにかく成る・成る。
雨が降る前に、少し小さめのものまで取り尽くしておいても、気がつけばまた成っている。

毎朝、畑で摘み取るのがこの時期の日課だ。
さあ、食べごろの大きさのはもう取り切ったぞ、と思って、別の角度から見ると。
やっぱり・・・まだある。

見方を変える。
目線を変える。

自然界は、人生の「先生」だらけ。