少しずつ、少しずつ広まっている。

 

【児島帯】を大勢の人に見てもらうチャンスとして、ハンドメイドフェスタは大変ありがたい機会だった。

おかやまハンドメイドフェスタ2016。

県内外のハンドメイド作家さんや企業が一同に集まり、こだわりの逸品を披露するフェスタ。

児島で真田紐を制作されている坂本織物さんのブースで、【児島帯】は、その作品のひとつとして展示された。

 

よくよく考えれば、【児島帯】はハンドメイドだ。

帯一本ずつ丁寧に丁寧に、職人さんが仕上げてくださっている。

デニム・真田紐・たたみべり、これを単純に縫い合わせるだけのように思われるが、どうも簡単な話ではないらしい。

繊維の街・児島が誇る、縫製技術あってこその製品だ。

 

今回は、試作品に改良を加え、バージョンアップした【児島帯】が着物姿のトルソーを飾った。

和小物や和布を使ったバッグなど多数あったが、会場広しといえども、着物姿のトルソーや、まして帯は他には無かったように思った。

そのせいか、気に留めていただいた人が多く、しかもハンドメイドの腕前もプロ(orプロ並み)が多い会場、お目が高く質問のレベルも高い。

お客様のご意見は、どれも参考になるものばかりだった。

 

やはり「デニム」は生活の中でもかなりポピュラーな繊維である。

そこに、今テレビでも人気沸騰の真田紐がプラスされていると、いやでも目につく、といったところなのかもしれない。

今回の改良バージョンは、たたみべりの色柄をかなり厳選した。

デニムとの表裏関係が、しっくりいっているはず・・・。

 

【児島帯】の問合せは

せとうち児島ホテル倉敷 1F

デニムショップ『BLUME』

TEL: 086-473-7711

 

《デニムと暮らす》をコンセプトに、こだわりのデニム商品がわんさか。

他にもメイドイン岡山の商品を数多く扱っている。

 

【児島帯】は、そんなメイドイン岡山のうちでも、地場に固執しまくった商品。

伝統の地場産業を紹介することを一番に考えて出来上がった。

ここに、素晴らしい伝統産業と共に暮らしてきた、児島のプライドを感じてほしい。