【児島帯】は、お好みの色柄を選ぶセミオーダー制。
「あなただけの帯」をつくってみませんか?

 
 
【児島帯】は、カジュアルからセミフォーマルまで、さまざまなシーンに合わせられる種類を用意しております。
 
 
 

《 ライトデニム半巾帯 》(女性用)
浴衣、カジュアルな着物に。
素朴な風合い、洋服で慣れ親しんだ手触りのデニムが、「着慣れた」和服姿を演出します。
長さ約4.5m 幅約17㎝
IMG_7390[1]
 
《 シルク混デニム半巾帯 》(女性用)
緯糸にシルクを使った、光沢のあるデニムを使用。
カジュアルな着物から、セミフォーマルな着物でのパーティなどに。
柔らかな手触り、高級感あふれるエレガントな装いを楽しめます。
本銀縁(ほんぎんぶち)本物の銀を使ったたたみべりの帯「極-kiwami-」もあります。
長さ約4.5m 幅約17㎝


 
《 細帯 》(男性用)
セミオーダーで、女性用半巾帯とペアで制作もOK。
「お揃いの帯」でお出かけしてみませんか?
長さ約4.2m 幅約11㎝
180521_060
 
《 ひらき児島帯 (実用新案登録) 》(男女兼用)
中央のデニム地の上縁と下縁に、たたみべりを縫い付けています。
そのまま使えば細帯に、どちらかを開けば半巾帯に、すべて開けば名古屋帯のようにお太鼓結びができる幅になります。男女問わず、また年齢問わず、自由に使っていただける用途の広い帯です。
カジュアルなデニム地と、シルク混デニム地をつかったものがあります。
長さ約4.0m 幅11㎝~27㎝
190308_0106s

 
※《 ひらきeasy児島帯 》
ひらき児島帯の長さを短く、マジックテープを付けたタイプです。
海外のかたが「帯ベルト」として前で結び、簡単に和装姿になることができるよう改良しました。また海外へのお土産に。
 通常の【児島帯】販売サイトには掲載しておりません。
 詳しくはお問い合わせください。
190212_0018s

 
 
 

~詳しくはこちらのページへ~

 
 

【児島帯】の素材
今までの帯にはなかった素材で出来ています。
 

《デニム》
ジーンズの街・児島を代表する繊維のひとつ。
ジーンズは普通、色落ちしますが、【児島帯】に使っている生地は、色落ちしないものを厳選しています。
白い着物や白いバッグも安心です。
 
 

《たたみべり》
綺麗に帯を結んだのに、ちょっと背もたれを使ったらぺっちゃんこに・・・
そんな経験をされたかたに、たたみべりを使った帯をお勧めします。
それは。
 
畳縁の特徴は「強いハリ」。
大きく、そしてふっくら結んだ帯の形を一日中キープ、皆さんの背中を美しく魅せます。
ですが、一つ欠点が。
「ハリ」が強い反面、一度ついた折り目はとれにくい・・・
それを、たたみべり会社様のご協力で見事に解決いたしました。
 
なんと!アイロンをかけて自宅でアフターケアできるようにしていただきました。
実はこれは、とても活気的なことなのです。
 
普通の帯は、あまり・・・アイロンはかけられません。
手アイロンでしわ伸ばしをするくらい。
ケアは専門店にお任せというのがよくあるパターンです。
そして普通のたたみべりも、実はアイロンは不可なものがほとんどです。
でも。
児島帯に使っているたたみべりは、アイロン可!
強いハリゆえについた折り目、も簡単にケアできます。
 
もちろん洗濯もOKです。
ただし、洗濯機や乾燥機はご遠慮ください。
非常に長い布地ですので、ヨリやヒネリのかかるものは禁物です。
優しく手洗い、押し洗いをお願いします。
 
 
《真田ひも》
真田ひもは全国にいくつか産地があります。
倉敷市児島もその一つ。
児島の真田ひもは、綿100%で出来ています。
丈夫で色柄も豊富、それが児島真田紐の特徴です。
 
帯はセミオーダー制でご注文いただけますが、そのときに真田ひもは、縫い付けるか縫い付けないか、自由に選んでいただけます。
縫い付けない場合、帯の長さ分の真田ひもをそのままプレゼント。
帯締めや飾り紐など、自由な発想で使っていただければ幸いです。
 
 
 
その児島帯はどこで生まれたのか・・・?
 
誰もが1本は持っているジーンズ。
そのジーンズを作っている一軒の縫製工場の、プロの職人の手によって、1本1本手作りされています。
 
 

 
 
 

【児島帯-KOJIMAOBI-】はこちらで取り扱っております
~『児島帯』のページへ~