【 すべての人が 自分で着物を着る『和装myself』な社会を目指す】


和装に着替えることは 心を着替えること
それは未来を着替えること


『 セルフコントロール 』を身につける


長年着付けを教え、日々、着物で暮らすうちに、
着物から教わったことがたくさんあります。


 着付けは「呼吸」と「姿勢」


着付けを学びはじめたころは、本当にさんざんでした。

着物の裾を踏んでは着崩し、
袖を引っ掛けては破く。

自分の行動がいかに雑か、気づかされました。


洋服と違って、着物は動きに制約があります。
それが、自分の行動を律する意識に繋がっていきました。



また、慌てていたり、
イライラ腹を立てていたり、
ショックなことがあって心が乱れていると、


左右の袖の長さが違ってしまったり(背中心がずれる)、
おはしょりが、ガタガタになったり。



心の乱れは、そのまま着姿にあらわれます。



まずは着る前に、ひと呼吸 おく。


呼吸を整えることで
自身を律する心 を養うのだと気づきました。



 


帯が腰の正しい位置で定まると、
自然と顔が真っ直ぐあがり、姿勢が正しくなります。

姿勢は体でとるポーズだけでなく、心構えを表すときにも使う言葉。

姿勢は、心と体の軸を整える ことだと気づきました。



着物をまとうことで、自然とそれに対する動きが身につき、
それが人生の向き合い方に繋がっていると、
私は考えています。


まさに

着物を着ることは『 セルフコントロール 』を身につける

ことです。



そして

正しい姿勢から
美しいお辞儀が生まれ、
自然に微笑みが生まれ、
人にも自分にも丁寧な暮らしが始まる



すべての人が、心豊かに暮らせる社会になって欲しいと願っています。




着物を持っているかたは、
早速、始めてみませんか。


もし、お手持ちがなければ、
手洗いOK」のこんな 着物&帯 はいかがでしょうか。




シルクデニムでできた着物
たたみべり
でできた


新しいご自分を発見するものとして、
楽しく、気軽に使っていただけるものを
ご用意しています。


~詳しくはこちらのページへ~